内視鏡下手術センター


中日新聞にて 橘医師が紹介されました (外部リンク・中日新聞CHUNICHI Web)
つなごう医療 中日メディカルサイト 「医人伝」 2014年09月09日【朝刊】掲載記事

橘医師が産科婦人科内視鏡学会の技術認定を受けました

2014年7月1日付けで、当院産婦人科 橘 理香 医師が「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」となりました。
橘医師の今回の資格取得は、医師免許取得9年目という異例の早さでのものでした。
また、女性医師で「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」を取得したのは、愛知県で初となります。
これにより、当院の「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」は2名に、外科1名、泌尿器科3名とあわせ、当院の内視鏡下手術技術認定医は、6名となりました。

技術認定

向かって左から、永田(泌尿器科)丸山(泌尿器科)、池上(泌尿器科)、村上(産婦人科)、
橘(産婦人科)、斉藤(外科)

日本内視鏡外科学会技術認定取得者の状況
日本内視鏡外科学会技術認定取得者の状況
外科 泌尿器科 産婦人科 合計
県内大学病院A 10 4 14
県内大学病院B 4 8 12
県内大学病院C 5 2 1 8
県内大学病院D 1 2 3 6
名古屋市立東部医療センター 1 3 2 6

※ 日本内視鏡外科学会ホームページおよび日本産科婦人科内視鏡学会ホームページより当院が作成
技術認定医は、各学会の要件を満たし、認定申請を行い、審査手続きを経て認定された医師です。
内視鏡下手術を安全かつ適切に施行する技術を有し、かつ指導するに足る技量を有していると認定されました。
なお、認定の有無により手術をして良い、あるいはしてはならない等の規制があるものではありません。
また、申請・認定をしていない医師にも同等の技術を持っている先生がいることをご承知ください。

当院は、2000年代はじめより積極的に内視鏡下手術に取り組み多くの患者さんの手術を行っています。
内視鏡下手術のうち、腹腔鏡を用いた手術実績をご紹介します。

腹腔鏡手術件数 産婦人科腹腔鏡手術件数

              (画像をクリックすると大きい画像が表示されます。)

当院は臨床病院であるとともに、地域医療支援病院であり、臨床研修指定病院でもあります。
当院では、これまでに泌尿器科5名、産婦人科2名の技術認定医を養成することができました。
このことは、臨床のみならず教育機関としても地域に貢献できているということで、誇らしく思うところです。

当院は、今後も地域のため患者さんのための医療を追求していきます。

病院長

[このページの先頭へ]