身体障害者補助犬受け入れについて

身体障害者補助犬受け入れについて

 当院では、身体障害者補助犬法に則り、身体障害者補助犬の同伴を受け入れています。
 身体障害者補助犬は特別に訓練された犬で、公共施設での同伴が認められています。院内で身体障害者補助犬を見かけた際には、静かに見守っていただきますようお願いいたします。

 ※身体障害者補助犬以外の動物(ペット)同伴の来院は、お断りしています。

受け入れ可能な身体障害者補助犬の種類は以下のとおりです。

 盲導犬  胴に白または黄色のハーネス(胴輪)をしていること
 聴導犬  犬に「聴導犬」の表示札がついていること
 介助犬  犬に「介助犬」の表示札がついていること

身体障害者補助犬の使用者の方へ

 身体障害者補助犬を同伴される方は、「総合受付」、「警備室」(救急・外来棟1階)または
「防災センター」(入院・診療棟)にて、次の申し出を行ってください。
  • 「身体障害者補助犬健康管理手帳」と「身体障害者補助犬認定証」を提示
  • 補助犬に装着すべき決められた表示を提示
  • 予防接種の有無の申告
 

同伴範囲は、以下のとおりとさせていただきます。

同伴できる範囲玄関、待合室、診察室、エレベーター、処置室、理学療法室、病棟(面会はデイルーム)
※入院される場合は、原則補助犬の同伴はお断りしています。
同伴できない範囲中央手術室、重症病棟(集中治療センター、救急センター)、
栄養管理室、検査室、放射線部門、化学療法室、病室

補助犬を見かけたら

  • 補助犬は仕事中ですので、触ったり、声をかけたり気を引いたりせずに、そっと見守ってください。
  • 犬アレルギーや犬が苦手な方、その他何か問題がありましたら職員にお知らせください。