麻酔・集中治療科

麻酔・集中治療科紹介

麻酔(麻酔管理)の重要性

 手術では体に痛みや出血をはじめ様々な侵襲が加わります。そのような侵襲は、手術後の回復に影響を与えることが知られています。

 そこで、痛みをなくす、もしくは軽くするだけでなく、その他の侵襲もコントロールして患者さんを守ること、つまり麻酔(麻酔管理)が重要になります。

麻酔科医の役割

 麻酔科医は手術前に、患者さんの全身状態を把握して安全に麻酔や手術を行えるかどうかを評価します。そして、急な発熱や新たな問題が見つかった場合は外科医に相談して、待てる場合は患者さんには手術の延期をお願いすることがあります。新たな問題には追加検査が行われて状態が評価されます。緊急手術の場合は、限られた時間の中で優先度を考えて、患者さんの全身状態を評価します。

 次に、麻酔科医は麻酔方法、輸液、輸血および術後鎮痛方法を計画します。手術中は、外科医とコミュニケーションを保ち、手術部看護師や臨床工学技師と連携して、患者さんの全身状態を良好に保つために細心の注意を払って麻酔管理を行います。

 これまでの話でわかるように、麻酔薬を患者さんに投与するだけで麻酔科医の役割が終わるものではありません。さらに、麻酔科医の仕事は手術が終わるまでだけでなく、手術後も続きます。手術後、麻酔科医は麻酔の合併症が生じていないか確認し、術後鎮痛の状態を評価し、対応します。

[このページの先頭へ]

麻酔方法の種類

 麻酔科医は患者さんの状態、手術部位、および手術時間を考慮して、安全で患者さんにとって快適な麻酔方法を選択します。全身麻酔と局所麻酔を併用することもあります。また、局所麻酔でも鎮静剤を使用することで、手術中の器械音などをある程度気にならなくすることができます。麻酔の説明時にご相談ください。

  • 全身麻酔
  • 局所麻酔
  1. 硬膜外麻酔
  • 胸部・腰部硬膜外麻酔
  • 仙骨硬膜外麻酔
  1. 脊髄くも膜下麻酔
  2. 伝達麻酔
  • 腕神経叢ブロック:鎖骨、肩や上肢の手術で行います
  • 大腿神経ブロック:下肢の手術で行います
  • 坐骨神経ブロック:下肢の手術で行います
  • 腹横筋膜面ブロック:下腹部の術後鎮痛のために行います
  • 腹直筋鞘ブロック:腹部正中創の術後鎮痛のために行います
  • 胸部傍脊椎ブロック:胸部手術の術後鎮痛のために行います
  • その他のブロック:患者さんの状態、手術部位を考慮して行うことがあります


 小児では、精神的な不安が大きいことに配慮して、主に全身麻酔を行います。術後鎮痛を考慮して局所麻酔を全身麻酔と併用することもあります。

[このページの先頭へ]

ICU(集治療部)について

 平成26年3月に新救急・外来棟の開設に伴い、ICU・CCU・HCUが増床、新設となりました。
 ICUは、麻酔・集中治療科の集中治療専門医が主体となり、担当医と協力して診療を行うクローズドシステムで運営をしています。手術室、救急外来、一般病棟から、大手術後(心臓手術、肺手術、食道手術、腹部大手術など)、急性呼吸不全、ショック(出血性、敗血症性など)、重症代謝異常、多臓器不全、重症外傷、中毒、心肺蘇生後などの重症患者さんを受け入れ、専門的に集中治療管理を行っています。


[このページの先頭へ]

医師紹介
医師紹介
医師名卒業
年度
専門分野資格
第一麻酔・集中治療科部長
伊藤 彰師
昭和62年麻酔科学
集中治療医学
ペインクリニック
日本麻酔科学会麻酔科指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本ペインクリニック学会専門医
インフェクションコントロールドクター
日本周術期経食道エコー認定医
日本呼吸療法医学会専門医
名古屋市立大学医学部臨床教授
第二麻酔・集中治療科部長
稲垣雅昭
平成8年麻酔科学
集中治療医学
救急医学
日本麻酔科学会麻酔科指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本救急医学会救急科専門医
名古屋市立大学医学部臨床准教授
第三麻酔・集中治療科部長
森島徹朗
平成9年麻酔科学
集中治療医学
日本麻酔科学会麻酔科指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本周術期経食道エコー認定医
第一麻酔・集中治療科副部長
加藤 妙
平成15年麻酔科学
集中治療医学
日本麻酔科学会麻酔科指導医
日本周術期経食道心エコー認定医
医師
田村 美穂子
平成26年
医師
山村 薫平
平成26年
医師
野木村 茜
平成27年
医師
横地 佑磨
平成28年
専任医師
香川沙織
平成20年

※つなごう医療 中日メディカルサイト (外部リンク・中日新聞CHUNICHI Web)
伊藤 彰師 医人伝「次世代担う麻酔医育成」 2016年8月23日【朝刊】掲載記事

[このページの先頭へ]

診療実績

 名古屋市立東部医療センター麻酔・集中治療科は、名古屋市立大学麻酔・危機管理医学分野と連携して麻酔科医の育成、交流、および専門性の維持に努めています。2015年は、麻酔科医の減員により麻酔科管理症例は減少しましたが、2016年は麻酔科医の増員が叶い、増加に転じる見込みです。

麻酔科管理件数(年別)
2012201320142015
麻酔科管理件数1,8902,1031,9681,607
2015年度麻酔科管理件数・内訳
診療科件数
外科268
整形外科316
脳神経外科46
泌尿器科228
産婦人科497
耳鼻いんこう科76
心臓血管外科166
その他10
合 計1,607 

[このページの先頭へ]