呼吸器内科

診療科紹介

呼吸器内科では、肺や気管支の疾病である呼吸器疾患を中心に診療を行っています。風邪をこじらせたかなと思ったとき、咳が長く続く、痰、血痰が出る、動くと息苦しい、ぜーぜーする、胸が痛いなどの症状がある時は呼吸器疾患にかかっていることも少なくありません。このような自覚症状があれば一度受診をお勧めします。

当院の呼吸器内科では、気管支炎、肺炎、気管支拡張症などの感染性肺疾患、肺癌などの腫瘍性疾患、肺気腫、慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息などのアレルギー疾患、間質性肺炎、サルコイドーシスなどのびまん性肺疾患、胸膜炎、自然気胸などの胸膜疾患など、呼吸器疾患全般にわたって対応しています。

肺癌をはじめとする肺腫瘍についてはCTなどの画像診断を踏まえ、喀痰検査、経気管支肺生検もしくは経皮的肺生検を実施し、放射線科医師、呼吸器外科医師とも連携をとりながら診断し、治療方針を決定していきます。肺癌と診断された場合には原則的に癌を告知し、ガイドラインに基づき手術、化学療法、放射線治療等の最善の治療を施行しています。

肺気腫、肺線維症、陳旧性肺結核などによる慢性呼吸不全に対しては在宅酸素療法を積極的に導入し、重症呼吸不全症例には鼻マスク(NIPPV:非侵襲的陽圧呼吸)を用いた換気療法も行っています。

気管支喘息にはピークフローメーターを使用して症状および治療の効果を把握し、ステロイド吸入療法を主体とした自己管理の指導をしています。

当院では7人の呼吸器内科医師により診療を行なっています。以下に呼吸器内科について御紹介いたします。

主な医療機器
主な医療機器
機器 製造業者 機器内容
人工呼吸器 ベネット社
人工呼吸器 東機貿社ニューポート
人工呼吸器 フジ・アールシー バイパップ 人工呼吸器 IMICV4000

[このページの先頭へ]

医師紹介
医師紹介
医師紹介 専門・資格
部長
前田 浩義
日本内科学会 総合内科専門医
日本呼吸器学会 呼吸器指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡指導医
日本結核病学会 結核・抗酸菌症指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
副部長
石原 明典
日本内科学会 認定医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医
日本アレルギー学会
日本感染症学会
日本糖尿病学会
医師
荒木 勇一朗
日本内科学会 総合内科専門医
日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
医師
森下 真圭
日本内科学会 認定医
日本呼吸器学会
日本プライマリ・ケア連合学会
医師
栗山 満美子
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会
非常勤医師
高橋 伸幸
日本リウマチ学会 リウマチ専門医
日本内科学会 総合内科専門医

[このページの先頭へ]

外来診療担当

こちらをご覧ください。

呼吸器内科では毎日専門医が外来を担当しています。呼吸器内科が担当する主な疾患は、肺炎、肺癌、気管支喘息、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、気管支拡張症などです。咳が続く、痰が多い、動くと息苦しい、胸がぜーぜーいうなどの自覚症状があれば呼吸器内科を受診して下さい。

平成16年9月からは高橋医師が膠原病外来を担当しています。膠原病は慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎などの疾患があります。膠原病と診断された患者さん、膠原病が心配される患者さんなど一度御相談下さい。

呼吸器内科の主な検査は気管支鏡を用いた検査(経気管支肺生検、気管支肺胞洗浄など)ですが月曜日、金曜日の午後に行なっています。予約制の検査ですが、必要に応じて速やかに行なっています。気管支鏡検査は最低一泊入院が必要となります。

禁煙外来について

都合によりしばらく休診とさせていただきます。再開時には追ってお知らせいたします。

当院では平成15年10月21日より禁煙外来を始めました。
医師に禁煙をすすめられている」「禁煙を希望しているがなかなかやめられない」など禁煙でお悩みの方は禁煙外来受診をおすすめいたします。
禁煙外来を受診すれば禁煙できるというわけではありませんが、カウンセリング、禁煙指導、ニコチンパッチの処方等による禁煙のお手伝いをいたします。

  • 治療概要
    タバコがもたらす健康被害について説明し、ニコチンが含まれたパッチを使い、禁煙時のいらいら感、不安感等の離脱症状を和らげ、禁煙をしやすくします。 パッチは1日1枚を24時間貼ります。パッチの種類は3種類あり徐々にニコチン量の少ないパッチにしていきます。全5回で、2週間毎に治療を行っていただきます。
  • 診療日時
    毎週火曜日 午後3時から(完全予約制)
    ※予約をご希望の方は医事係までお問い合わせください。
    TEL:052-721-7171(代表) 内線:5102
  • 費用
    次の条件に全て当てはまる方は保険適用になります。条件の確認は初回の診療の中で行います。
    1. 直ちに禁煙することを希望している。
    2. スクリーニングテストにより、ニコチン依存症と診断されている。
      (問診票Q5の合計点数が5点以上)
      禁煙治療における問診表(pdf 73kb)(PDF形式 72KB 新しいウインドウが開きます)
    3. ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
      (問診票Q2の本数×Q3の年数が200以上)
    4. 禁煙治療について医師より説明を受けている。
    5. 禁煙治療に対し文書で同意している。
      保険適用(3割負担)の場合、1回1,000円~5,000円程度です。
  • お願い
    現在、病気治療中の方で、病気によってはニコチンパッチが処方できない場合があります。通院先の主治医とご相談の上、紹介状をお持ちいただくようお願いします。

[このページの先頭へ]

診療実績

現在準備中です

[このページの先頭へ]

アクロバットリーダーダウンロードサイトへ
PDFをご覧になるには、ADOBE READERが必要になります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。(外部リンク)