循環器内科

心臓血管センター 循環器内科の紹介

心臓血管センターの皆さん

  1. 24時間の心臓救急の受け入れを行います。
  2. 心臓カテーテル検査・治療を、患者さんのご家族に公開しています。
  3. 日帰りカテーテル検査を導入しています。
  4. 急性心筋梗塞、狭心症のカテーテル治療を行います。
  5. 下肢閉塞性動脈硬化症等の末梢血管へのカテーテル治療を行います。
  6. 心房細動、上室性頻拍など頻脈性不整脈のカテーテル治療を行います。
  7. 徐脈性不整脈のペースメーカー治療を行います。
  8. 心室頻拍、心室細動に対する植え込み型除細動器の治療を行います。
  9. 重症心不全に対する両心室ペーシング療法を行います。
  10. 睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行います。
  11. 心臓血管外科と連携し、虚血性心疾患、大動脈疾患、末梢血管疾患、心臓弁膜症、不整脈、心不全、先天性心疾患の診断・治療を行います。

心臓救急
  • 平日の午前8時45分~午後5時15分は内科外来にご連絡下さい。
  • 夜間、日祝日は内科二次救急部門を通し、循環器内科医が対応させていただきます。
  • 循環器内科は24時間体制で対応しています。心臓カテーテル検査・治療は迅速に対応いたします(入院後1時間以内に対応可能)。

[このページの先頭へ]

心臓カテーテル検査・治療のご家族への公開

心臓カテーテル検査・治療を、心臓カテーテル検査室内の操作室にてご覧いただけます。
治療の様子などを公開し、診療の透明性を高め、知識の共有を図るとともに、より安全な治療を受けていただけるように配慮しています。 詳細はこちら(pdf 2,146kb)

日帰りカテーテル検査

冠動脈造影の日帰りカテーテル検査を導入しています。朝8時45分に来院していただき、午前中カテーテル検査を行います。当日に検査結果の説明をし、治療方針を決定した上で夕方までに帰宅していただきます。

虚血性心疾患のカテーテル治療

虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞)のカテーテル治療を患者さんにとって最高の効果が得られる様以下の点に留意して施行しています。

  • 血管内超音波(IVUS)、光干渉断層装置(OCT)を用いて正確な病変・病態の把握につとめ最適の治療方針を立てる。先進的なデータを蓄積して次の治療に活用しています。
  • PCIの適応は、解剖学的狭窄度のみでなくプレッシャーワイヤーによるFFRを測定して生理学的狭窄を重視して決定しています。
  • 動脈硬化性狭窄のみならず、日本人に多い冠攣縮性狭心症の診断と治療にも力をいれています。
  • アテローム血栓症は冠動脈でなく脳や末梢血管にも生じる全身性の血管性疾患であることを強く念頭においてスクリーニングし適応があればカテーテル治療を行っています。
  • 再発予防にコメディカルとともにPCI後のリスクファクターの管理を強力に行っていきます。
末梢血管(閉塞性動脈硬化症)のカテーテル治療

長く歩行すると、ふくらはぎが痛くなったりする病気のことを、閉塞性動脈硬化症と呼びます。
骨盤内、下肢の血管が狭窄・閉塞することによって生じます。冠動脈と同様に、カテーテル法による風船・ステント治療が可能です。近年、治療法が大きく進歩してきている分野です。下肢切断の危険性が高い膝下病変の治療にも取り組んでいます。

[このページの先頭へ]

カテーテル・アブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)

カテーテル・アブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)とは、頻脈の原因となっている回路・部位の一部に対して、電極カテーテルを通して高周波により焼灼するものです。頻脈性不整脈、特に発作性上室性頻拍、心房粗動はカテーテル・アブレーションが第一選択の治療法であり、根治が可能です。心房細動、心室頻拍など、従来は治療困難であった不整脈に対するカテーテル治療も可能となってきました。
当院では、特に心房細動のカテーテル・アブレーションに実績を重ねてきています。初期の発作性のみならず、持続性心房細動に対しても積極的に治療を行っています。
CARTOシステムという3次元のマッピングシステムも導入され、治療成績の向上につながっています。
下肢、頚部の血管から電極カテーテルを数本挿入し、頻脈の原因を調べ、その後焼灼を行います。痛みのないように局所麻酔および静脈麻酔で行います。3時間程度の時間で終了いたします。5-7日の入院が必要となります。

ペースメーカー治療

徐脈性不整脈にはペースメーカーの植込みを行っています。疾患により、適切なモードを選択し、適切な部位に植え込みを行います。
持続性心室頻拍、心室細動といった重症不整脈に対して、植込み型除細動器の手術を行っています。
重症心不全に対する、両心室ペーシング治療を行っています。

冠動脈CT

64列マルチスライスCTが導入されました。冠動脈疾患のスクリーニングがより低侵襲に行うことができ、カテーテル治療前に施行することにより有用な情報を得ることができます。

心血管危険因子予防部門

高血圧症、高脂血症、メタボリック症候群などの心血管危険因子に対し、適切な治療を行います。

睡眠時無呼吸症候群
不整脈、心不全、高血圧などとの関連が示唆されている睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行います。終夜ポリグラフを用います。
バスキュラーラボ

院内にバスキュラーラボが設置され、頚動脈、腎動脈、下肢動脈の動脈硬化性病変の早期発見に努めています。

左から「臨床検査技師スタッフ」「浅大腿動脈狭窄の超音波画像」「GE社 E9」「PHILIPS ie33」

[このページの先頭へ]

診療実績
診療実績(暦年別)
項目名H25H26H27H28
診断心臓カテーテル検査773839757723
冠動脈カテーテル治療228216214247
末梢血管カテーテル治療80984835
経皮的カテーテル心筋焼灼術288245197228
体内式ペースメーカ植込み術(新規)25323631
体内式ペースメーカ植込み術(電池交換)11122014
植え込み型除細動器治療(新規)14731
植え込み型除細動器治療(電池交換)2111
再同期療法6241
臨床研究業績
2015(平成27)年(pdf 159kb)
2014 (平成26)年(pdf 356kb)
2013(平成25)年、2014(平成26)年1月~3月(pdf 204kb)
2012(平成24)年(pdf 62kb)
2011(平成23)年(pdf 169kb)
2010(平成22)年(pdf 174kb)
2009(平成21)年(pdf 155kb)
主な医療機器
主な医療機器
機器
  1. 心血管造影シネアンギオ装置
  2. 冠動脈CT(64列マルチスライスCT装置)
  3. 心臓超音波装置
  4. 末梢血管エコー装置
  5. 経食道エコー装置
  6. ロータブレーター
  7. 圧ワイヤーによる冠動脈血流予備量比(FFR)と微小血管抵抗指数(IMR)測定
  8. 血管内超音波装置(IVUS)
  9. 光干渉断層装置(OCT)
  10. 血管内視鏡
  11. 大動脈バルーンパンピング(IABP)
  12. 経皮的心肺装置(PCPS)
  13. 不整脈3次元マッピング装置(CARTOシステム)
  14. ホルター心電図
  15. RI負荷心筋シンチグラフィー
  16. 血圧脈波装置(動脈硬化度)
  17. トレッドミル
  18. 携帯型24時間血圧連続測定装置
  19. 睡眠時無呼吸テスト

臨床工学技士、看護師、放射線科技師との連携もよく、患者さん本位の、安全性も重視した適切な医療を提供いたします。よろしくお願いいたします。

[このページの先頭へ]

ステント内再狭窄例に対するカッティングバルーン治療の評価
ステント内再狭窄例に対するカッティングバルーン治療の評価
OCT 治療前OCT 治療後IVUS 治療後
光干渉断層撮影装置(OCT) 治療前光干渉断層撮影装置(OCT) 治療後血管内超音波(IVUS) 治療後
冠動脈ステント留置後 慢性期のOCT・IVUSによる評価
冠動脈ステント留置後 慢性期のOCT・IVUSによる評価
薬剤溶出型ステント(Cypher)
留置後3年目の再狭窄
ベアメタルステント(Terumo)
留置後5年目の再狭窄
O
C
T
ストラット表面の治癒の遷延破裂した粥腫、thin cap fibroatheroma 白色血栓
I
V
U
S
ブラックホール現象リピッドプール

当院では冠動脈・末梢動脈のステント留置を中心とするカテーテル治療において血管内超音波(IVUS)を併用して成功率の向上や再狭窄・合併症の削減に努めています。
症例によっては超音波の約10倍の解像度を有する近赤外線による光干渉断層装置(OCT)を用いてステント密着の程度、血栓の存在、薄く破れやすい線維性被膜を持つ粥腫の評価などを行っています。

心房細動に対するカテーテル心筋焼約術(肺静脈隔離術)

3次元マッピングシステムの画像造影CTの画像

当院では肺静脈・左心房の造影CT画像などを3次元マッピングシステムに取り込むCARTO Mergeシステムを導入し、頻脈性不整脈のカテーテル心筋焼約術(カテーテル・アブレーション)の治療成績の向上に寄与しています。

心臓埋め込み型デバイスにおけるRMS地域医療連携システムのご案内

[このページの先頭へ]

医師紹介
医師紹介
医師名所属学会(資格)専門領域
副院長
(心臓血管センター担当)
村上 善正
日本内科学会(認定医)
日本循環器学会(専門医)
日本心電学会(評議員)
日本心血管インターベンション治療学会
不整脈の
カテーテル治療
第一循環器内科部長
佐伯 知昭
日本内科学会(専門医)
日本循環器学会(専門医)
第二循環器内科部長
玉井 希
日本内科学会(専門医)
日本循環器学会(専門医)
日本動脈硬化学会
日本心血管インターベンション治療学会(認定医)
動脈硬化
特別診療科部長
山下 純世
日本内科学会・高血圧(専門医)
日本循環器学会(専門医)
日本高血圧学会(専門医)・評議員
日本心臓病学会
日本心エコー図学会
日本老年医学会
第三循環器内科部長
吉田 孝幸
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
第一循環器内科医師
関本 暁
日本内科学会(認定医)
日本循環器学会(専門医)
日本心血管インターベンション治療学会(認定医)
日本不整脈心電学会
 (不整脈専門医、CRT/ICD研修終了証取得)
第二循環器内科医師
蜂矢健太
日本内科学会(認定医)
日本循環器学会(専門医)
日本心血管インターベンション治療学会(認定医)
日本不整脈学会
日本心エコー図学会
日本心臓リハビリテーション学会
第二循環器内科医師
蓮尾 隆博
日本内科学会(認定医)
第三循環器内科医師
橋本 朋美
日本内科学会(専門医)
日本循環器学会(専門医)
日本高血圧学会(専門医)
第三循環器内科医師
野田 翼
日本内科学会(認定医)
日本循環器学会(専門医)
日本心血管インターベンション治療学会(認定医)
日本不整脈学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本心臓病学会

※つなごう医療 中日メディカルサイト (外部リンク・中日新聞CHUNICHI Web)
村上 善正 医人伝「カテーテルで不整脈を治療」2012年1月31日【朝刊】掲載記事

外来診療担当

こちらをご覧ください。

[このページの先頭へ]

アクロバットリーダーダウンロードサイトへ
PDFをご覧になるには、ADOBE READERが必要になります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。(外部リンク)