皮膚科

診療科紹介

はじめに

皮膚科では皮膚、毛、爪の異常を診療します。このなかには、
1. 皮膚に限局した病気
2. 皮膚からはじまり他の臓器に影響を及ぼしていく病気
3. 他の臓器の病気による皮膚の変化
が含まれています。

1 の診断・治療だけでなく、23の場合に、どの臓器と関係が深いかについて検査・診断し、適切な科に患者さんを紹介するのも皮膚科の役割です。

診察のときは、発疹の種類、色、形、大きさ、硬さ、表面の状態、体のどの部分に分布しているか、などを細かく観察します(骨とう品の鑑定に似ているかもしれません)。観察しながら、考えられる病気を頭に思い浮かべ、検査や診断を進めていきます。使用している薬、職業、趣味、生活習慣などが原因として疑われる場合は、それらについてお尋ねすることがあります。なお、女性で顔の発疹の診察を受ける方は、お手数ですが、あらかじめ化粧を落としていただくようお願いいたします。

「レーザー療法および美容を目的とした手術は行っておりません。」

特色
皮膚の病気には、慢性の経過をたどるもの、時間とともに症状が変化するものがあり、治療にも根気が必要になることが少なくありません。当科では薬を処方するだけでなく、薬の塗り方や副作用・生活習慣・スキンケアなどについてのアドバイスも重視しています。

また、皮膚科としての入院病床があるので、安静や点滴が必要な重症な病気、発熱などの全身症状をともない精査が必要な病気についても対応することができます。また、他科との連携により、皮膚以外の合併症についても速やかな対応が可能です。

[このページの先頭へ]

診療内容紹介
検査
検査名検査の説明
真菌検査白癬(みずむし、たむし)などの診断のための検査です。
パッチテスト接触皮膚炎(かぶれ)の原因を明らかにする検査です。
皮膚生検診断のために局所麻酔をかけて、病理組織検査を行うことがあります。
治療
治療名治療の説明
光線療法乾癬・掌蹠膿疱症などに対して紫外線を照射する治療法です。ナローバンドUVB療法・PUVA療法などを行います。
冷凍療法疣贅(いぼ)や良性腫瘍の細胞を液体窒素で凍結させる治療法です。
アトピー性皮膚炎日本皮膚科学会の治療ガイドラインにそって、治療、スキンケアの指導を行います。重症の方には入院治療も行っています。
乾癬ステロイド外用、ビタミンD3外用、PUVA療法、ナローバンドUVB療法、ビタミンA誘導体内服、シクロスポリン内服などの組み合わせによる治療を行っています。重症の方には入院治療も行っています。
主な医療機器

医療用紫外線照射装置 デルマレイ-200タイプA・NB
ダーモスコピー HEINE DELTA 10
イオントフォレイサー Phoresor PM600

[このページの先頭へ]

医師紹介
医師紹介
医師紹介所属学会・資格
部長
苅谷 清徳
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
医師
谷口 真也
医師
長村 美佳
医師
村嶋 寛子
外来診療担当

こちらをご覧ください。

診療受付時間
  • 新患受付・・・午前8時45分~11時30分(月曜~金曜)
  • 再診受付・・・午前8時45分~11時30分(月曜~金曜)
  • 診察開始・・・午前9時
  • 休診日・・・土曜日・日曜日・祝休日・年末年始(12月29日~1月3日)
診療実績

現在準備中です

[このページの先頭へ]