外科

診療科紹介

当院外科は、消化器外科、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科とその他の一般外科を担当しています。

消化器外科

 消化器外科領域では近年、腹腔鏡下手術に積極的に取り組んでいます。腹腔鏡下手術とはおなかに小さな穴を複数あけ、腹腔鏡というカメラをおなかの中(腹腔内)に入れ、モニターに中の様子を映し出して手術をする方法を言います。従来の開腹手術と比較して大きくおなかを切らずに済みますので『からだにやさしい(低侵襲)手術法』であり、術後の疼痛も軽くまた回復も早いと言われています。
 対象疾患は多岐にわたり、良性疾患である胆石症、鼠径ヘルニア、脾臓の疾患から悪性疾患である胃癌、大腸癌(直腸癌を含む)、食道癌などです。さらに緊急手術である急性虫垂炎、急性胆のう炎、腸閉塞、腹膜炎に対しても腹腔鏡下手術で対応しています。これらの緊急手術に対応するため外科医だけでなく麻酔科医、手術室の看護スタッフの協力を得て24時間体制を敷いています。腹腔鏡下手術の適応は疾患とその治療法を十分に説明し理解が得られたのちに決定しています。
 また大腸癌の肝転移を含む肝臓の悪性腫瘍や膵癌、胆道系の悪性腫瘍(胆のう癌、胆管癌)に対する手術にも積極的に取り組んでいます。膵癌や胆道系の癌は臓器周囲に重要な血管が存在しこれらに癌が浸潤し巻き込んでしまうことも多いのですが、合併切除することで病巣が取りきれると判断した場合は心臓血管外科の協力を得て切除再建の方針を取っています。

呼吸器外科

 呼吸器外科領域では肺癌をはじめとする肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、気胸、膿胸、胸部外傷など、胸に関する様々な疾患を扱います。肺腫瘍においては、約3cmの皮膚切開と3ヶ所の小孔を用いた完全胸腔鏡下手術を行っています。この術式は、従来の標準開胸手術に比して術後の疼痛や体力の消耗を少なくできるため、回復・社会復帰が早くなります。常に患者さんやご家族の希望に沿い、満足していただける治療を心がけています。

乳腺・内分泌外科

 乳腺・内分泌外科において乳癌の手術は近年、縮小手術の傾向であり、乳房切除を回避する乳房温存手術(部分切除術)が増加し、可能ならば腋窩リンパ節廓清の省略をする方向になっています。これらを実現するために術前の正確な病変の拡がり診断をする機器とともにセンチネルリンパ節生検が可能な病理診断医と検査技師が常勤しており、センチネルリンパ節を同定するラジオアイソトープの施設が設置されています。乳癌の治療は手術のみで終わるのでなく術後も長期の治療が必要です。このため充実した患者サポートができるよう医師、看護師、薬剤師、理学療法士が協力しあっています。今後は患者満足度の高いチーム医療の確立を目指します。

 外科全体でチーム医療の実践にも取り組んでおり、術後疼痛の緩和に対しては麻酔科医、手術室看護師、病棟看護師、薬剤師の協力を得て術後の疼痛や苦痛を軽減し、安楽な入院生活ができるようにしています。人工肛門が必要となり人工肛門のトラブル(ストーマトラブル)に対しては外科医および皮膚科医師と人工肛門の認定看護師とともに対処しています。
 緩和ケアチームが外科全般の癌、さらにさまざまな癌に伴う精神的、肉体的苦痛のある患者に対し対処しています。緩和ケアチームはペインクリニックの医師を中心とし、外科医と精神科医、看護師、薬剤師などから構成され、多角的なサポートを実践しています。

[このページの先頭へ]

医師紹介
医師紹介
医師名 資格 出身校
病院長
田中 宏紀
一般外科部長
内視鏡下手術センター長
谷脇 聡
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
麻酔科標榜医
昭和57年
名古屋市立大学卒
第一消化器外科部長
中央手術部長
木村 昌弘
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本食道学会 食道外科専門医・食道認定医
【評議員】
日本臨床外科学会
日本食道学会
東海外科学会
平成元年
名古屋市立大学卒
第二消化器外科部長
柴田 康行
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構認定医
麻酔科標榜医
【技術認定】
日本内視鏡外科学会技術認定取得
平成7年
名古屋市立大学卒
第三消化器外科部長
越智 靖夫
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
平成9年
名古屋市立大学卒
第一消化器外科副部長
長﨑 高也
日本外科学会専門医
愛知DMAT隊員
日本救急医学会 ICLSプロバイダー
日本静脈経腸栄養学会 TNTコース修了
臨床研修指導医
平成15年
名古屋市立大学卒
第一消化器外科医師
上野 修平
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
JATECコース修了
麻酔科標榜医
平成22年
名古屋市立大学卒
呼吸器外科部長
水野幸太郎
日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会専門医・評議員
気管支鏡指導医
平成7年
愛知医科大学卒
乳腺・内分泌外科部長
羽藤 誠記
日本外科学会専門医
日本胸部外科学会認定医
マンモグラフィ読影認定医
昭和53年
名古屋市立大学卒
一般外科医師
江口 祐輝
平成26年
金沢医科大学卒
一般外科医師
浅井 宏之
平成27年
富山大学卒

[このページの先頭へ]

外来診療担当

こちらをご覧ください。

[このページの先頭へ]

診療実績

当科の年間手術数は約750例に及びます。
2017年1月から2017年12月までの1年間における主な疾患別の手術件数は以下の通りです。

主な年間手術数
疾患名 症例数 備考
甲状腺腫瘍 3
乳癌 29
肺癌
気胸
胸腺腫
食道癌 6
胃癌 47 うち腹腔鏡手術 7
胃・十二指腸潰瘍穿孔 11 うち腹腔鏡手術 9
虫垂炎(成人) 95 うち腹腔鏡手術 92
虫垂炎(小児) 4 全例腹腔鏡手術
結腸癌 55 うち腹腔鏡手術 34
S状結腸直腸癌 60 うち腹腔鏡手術 44
原発性肝腫瘍 3
胆石、総胆管結石 66
胆のう癌、胆管癌 10
膵体尾部癌、膵臓癌 7
鼡径ヘルニア(成人) 132 うち腹腔鏡手術 82
鼡径ヘルニア(小児) 1

[このページの先頭へ]