不整脈について(2014年3月掲載)

名古屋市立東部医療センターでは、千種ホームニュースに「紙上市民健康講座」を連載しています。
このページでは、過去の掲載分を紹介しています。
なお、記事の内容、肩書等は掲載時のものです。
千種ホームニュースについてもっと詳しく知りたい方(外部リンク)

不整脈について

あなたの身の回りで、あるいはあなた自身が「心房細動」と言われていませんか?
心房細動は最近社会の高齢化に伴って増加している病気です。
心房細動はそれだけで命を脅かすものではありませんが、脳梗塞などの血栓塞栓症を引き起こすことがある点で放置しておくことはできません。
この脳梗塞を予防するために抗凝固薬を服用されている方も多いかと思います。
一方、心房細動を根治する方法に「カテーテルアブレーション」があります。
これは1990年代初頭より始まった新しく、それゆえにまだ認知度の低い治療法ですが、その進歩はめざましく有効性は着実に高まっています。
一度かかりつけのお医者さんにご相談されることをお勧めします。

名古屋市立東部医療センター
副院長(心臓血管センター長)
村上 善正

[このページの先頭へ]