がん検診の勧め(2014年9月掲載)

名古屋市立東部医療センターでは、千種ホームニュースに「紙上市民健康講座」を連載しています。
このページでは、過去の掲載分を紹介しています。
なお、記事の内容、肩書等は掲載時のものです。
千種ホームニュースについてもっと詳しく知りたい方(外部リンク)

がん検診の勧め

厚生労働省の統計で日本人の死亡原因の第1位は悪性新生物(一般に「がん」)で、近年、増加傾向にあります。
中でも、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝臓がんが5大がんと呼ばれる頻度の高い「がん」です。
「がん」については、早期発見、早期治療が理想ですが、多くの「がん」では早期に症状はなく、進行して初めて症状の出ることが一般的です。
がん検診は早期発見の手がかりです。
名古屋市でも6種類のがん検診が比較的安価に受けられます。
ただ、検診で便に血が混じっても、大腸や胃のカメラは辛いので嫌だという患者さんもみえます。
しかし最近、当院では腸閉塞などの重い症状が出て初めて来院される大腸がんの患者さんが増加しているように思います。
早く見つかれば転移や再発の率は下がり、更に身体の負担の少ない治療ですむ可能性が増えます。
異常が出たら、次の検査に進むことも重要です。

名古屋市立東部医療センター
第一外科部長
谷脇 聡

[このページの先頭へ]