臨床研修について

名古屋市立東部医療センターの臨床研修について

医師として自立していく上で、2年間の初期研修はとても貴重なものです。その間に学ぶことに無駄なことは何ひとつありません。当院では、貴方が医師としてのスペシャリティを醸成するための土台づくりをサポートします。

  • 基本理念
  1)医師としてふさわしい人間性と能力を養う。
  2)医学及び医療の果たす社会的役割を認識する。
  3)プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身に付ける。
  4)患者を全人的に理解し、尊重するよう努める。

  • 基本方針
  1)患者の呈する症状、身体的所見、検査所見に基づいた鑑別診断及び初期治療を的確に行える能力
    を修得する。
  2)医療チーム構成員としての役割を理解し、保健・医療・福祉の幅広い職種からなる他のメンバー
    と協調・協力する習慣を身に付ける。
  3)患者及び医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身に付ける。
  4)急性期医療を中心として、科学的根拠に基づいた良質な医療を提供するよう努める。
  5)医療の持つ社会的側面の重要性を理解し、社会に貢献する能力を身に付ける。

  • 特色
  1)病診連携を基礎にした地域の中核病院であり、一般診療でよく見られる疾患を始めとしてさまざ
    まな急性期疾患の研修ができます。
  2)総合病院として各科の専門医が充実しており、ローテート各科で専門の医師から指導を受けるこ
    とができます。
  3)各科は関連学会の指定施設となっており、将来専門医を取得するために必要な研修がでます。
  4)選択科目の期間を充実し、総合病院としての特徴と個人的希望を取り入れて、将来の進路などに
    合わせた個人にあった研修ができます。
  5)充実した研修を可能とするために、選択科目において一部の科目を除き、名古屋市立大学病院、
    名古屋市立西部医療センターを始め研修協力病院・施設にて指導を受けることができます。
    また、必修科目の小児科は、希望により名古屋市立西部医療センターでの研修も可能です。
  6)臨床研修センターによる症例検討会、抄読会、スキルアップ講座、シミュレータ研修などのプロ
    グラムが充実しています。
  7)救急医療に関しては、3次救急医療機関(平成30年2月指定)として年間7,600件以上の救急搬
    送を受け入れており、当直や各科のローテートにおいて指導を受けることができます。救急医療
    の研修は、名古屋市立大学病院、愛知医科大学病院、名古屋第二赤十字病院での3次救急を選択
    により研修することも可能です。

  • 臨床研修センター
   センター長(プログラム責任者・消化器内科)伊藤恵介
   副センター長(脳神経内科)山田健太郎 、(脳神経外科)大野貴之
   スタッフ 9名(内科系4名、外科系3名、救急科1名、麻酔科1名)
   指導医(講習会受講) 62名

  • 教育指導
   メンター制の導入。臨床研修センター主催により、救急症例検討会、抄読会、スキルアップ講座、
   シミュレータ研修などを開催。ICLS、CPC、など院内学習会、講習会多数あり。

  • 研修スケジュール
   1年目:オリエンテーション、内科24週(並行研修として一般外来研修4週分あり)、
       麻酔科4週、外科(一般、整形、泌尿器)12週、産婦人科4週、救急4週
   2年目:救急4週、外科(外科系)4週、小児科4週、地域医療4週、精神科4週、自由選択36週
   初期研修プログラム例

  • 協力病院   名古屋市立大学病院、名古屋市立西部医療センター、
         名古屋第二赤十字病院(救命救急)、愛知医科大学(救命救急)、
         愛知県精神医療センター(精神科)、八事病院(精神科)など
  • 地域医療研修 愛知県厚生連 足助病院(愛知県)、輝山会記念病院(長野県飯田市)、
         上矢作病院(岐阜県恵那市)、ちくさ病院(愛知県)



  • 研修プログラム
   名古屋市立東部医療センター臨床研修プログラム(平成30年度開始版)(pdf 2,126kb)



  • 研修パンフレット
    初期臨床研修医・後期臨床研修医 研修ガイド   
    名古屋市立病院 初期臨床研修医・後期臨床研修医 研修ガイド
   

    初期臨床研修パンフレット
    名古屋市立病院・名古屋市立大学病院 たすきがけ初期臨床研修プログラム


待遇(令和元年度実績)
  • 給料月額:1年次 月額356,415円、2年次 月額394,345円
  • 期末手当有り(年2回)
  • 社会保険等完備、時間外当直手当、家賃補助、通勤手当あり
  • 研究研修費 年間10万円
  • 電子カルテ端末 1人1台
  • ネット環境あり(UpToDate、ScienceDirect、ClinicalKey、メディカルオンライン等の閲覧可)
  • 院内保育所が利用できます。

名古屋市立東部医療センター年次報告

令和元年度年次報告を公開しています。

 名古屋市立東部医療センター次報告書(令和元年度)(pdf 1,172kb)




[このページの先頭へ]
アクロバットリーダーダウンロードサイトへ
PDFをご覧になるには、ADOBE READERが必要になります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。(外部リンク)