特徴

病院概要 ・沿革と現状 ・組織 ・特徴 ・施設案内図

つなごう医療 中日メディカルサイト 掲載記事(外部リンク・中日新聞CHUNICHI Web)

心臓血管センターの紹介

平成20年4月より、心臓血管センターが開設されました。名古屋市立病院の循環器部門は東部医療センターの心臓血管センターに集約し、高度医療を、充実したスタッフのもとに提供するものです。

  1. 24時間の心臓救急の受け入れを行います。
  2. 心臓カテーテル検査・治療を、患者さんのご家族に公開しています。
  3. 日帰りカテーテル検査を導入しています。
  4. 急性心筋梗塞、狭心症のカテーテル治療を行います。
  5. 下肢閉塞性動脈硬化症等の末梢血管へのカテーテル治療を行います。
  6. 心房細動、上室性頻拍など頻脈性不整脈のカテーテル治療を行います。
  7. 徐脈性不整脈のペースメーカー治療を行います。
  8. 心室頻拍、心室細動に対する植え込み型除細動器の治療を行います。
  9. 重症心不全に対する両心室ペーシング療法を行います。
  10. 睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行います。
  11. 心臓血管外科と連携し、虚血性心疾患、大動脈疾患、末梢血管疾患、心臓弁膜症、不整脈、心不全、先天性心疾患の診断・治療を行います。

手術の様子01 手術の様子02

心臓救急
  • 平日の午前8時45分~午後5時15分は内科外来にご連絡下さい。
  • 夜間、日祝日は内科二次救急部門を通し、循環器内科医が対応させていただきます。
  • 循環器内科は24時間体制で対応しています。心臓カテーテル検査・治療は迅速に対応いたします(入院後1時間以内に対応可能)。

[このページの先頭へ]

心臓カテーテル検査・治療のご家族への公開

心臓カテーテル検査・治療を、心臓カテーテル検査室内の操作室にてご覧いただけます。
治療の様子などを公開し、診療の透明性を高め、知識の共有を図るとともに、より安全な治療を受けていただけるように配慮しています。 詳細はこちら(pdf 2,146kb)

日帰りカテーテル検査

冠動脈造影の日帰りカテーテル検査を導入しています。朝8時45分に来院していただき、午前中カテーテル検査を行います。当日に検査結果の説明をし、治療方針を決定した上で夕方までに帰宅していただきます。

虚血性心疾患のカテーテル治療

虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞)のカテーテル治療を患者さんにとって最高の効果が得られる様以下の点に留意して施行しています。

  • 血管内超音波(IVUS)、光干渉断層装置(OCT)を用いて正確な病変・病態の把握につとめ最適の治療方針を立てる。先進的なデータを蓄積して次の治療に活用しています。
  • PCIの適応は、解剖学的狭窄度のみでなくプレッシャーワイヤーによるFFRを測定して生理学的狭窄を重視して決定しています。
  • 動脈硬化性狭窄のみならず、日本人に多い冠攣縮性狭心症の診断と治療にも力をいれています。
  • アテローム血栓症は冠動脈でなく脳や末梢血管にも生じる全身性の血管性疾患であることを強く念頭においてスクリーニングし適応があればカテーテル治療を行っています。
  • 再発予防にコメディカルとともにPCI後のリスクファクターの管理を強力に行っていきます。
末梢血管(閉塞性動脈硬化症)のカテーテル治療

長く歩行すると、ふくらはぎが痛くなったりする病気のことを、閉塞性動脈硬化症と呼びます。
骨盤内、下肢の血管が狭窄・閉塞することによって生じます。冠動脈と同様に、カテーテル法による風船・ステント治療が可能です。近年、治療法が大きく進歩してきている分野です。下肢切断の危険性が高い膝下病変の治療にも取り組んでいます。

[このページの先頭へ]

カテーテル・アブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)

カテーテル・アブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)とは、頻脈の原因となっている回路・部位の一部に対して、電極カテーテルを通して高周波により焼灼するものです。頻脈性不整脈、特に発作性上室性頻拍、心房粗動はカテーテル・アブレーションが第一選択の治療法であり、根治が可能です。心房細動、心室頻拍など、従来は治療困難であった不整脈に対するカテーテル治療も可能となってきました。
当院では、特に心房細動のカテーテル・アブレーションに実績を重ねてきています。初期の発作性のみならず、持続性心房細動に対しても積極的に治療を行っています。
CARTOシステムという3次元のマッピングシステムも導入され、治療成績の向上につながっています。
下肢、頚部の血管から電極カテーテルを数本挿入し、頻脈の原因を調べ、その後焼灼を行います。痛みのないように局所麻酔および静脈麻酔で行います。3時間程度の時間で終了いたします。5-7日の入院が必要となります。

平成23年度の実績
発作性心房細動 120 心房粗動 11 心室細動 1
持続性心房細動 79 発作性上室頻拍 24 上室期外収縮 3
心房頻拍 66 心室頻拍 8 心室期外収縮 11
ペースメーカー治療

徐脈性不整脈にはペースメーカーの植込みを行っています。疾患により、適切なモードを選択し、適切な部位に植え込みを行います。
持続性心室頻拍、心室細動といった重症不整脈に対して、植込み型除細動器の手術を行っています。
重症心不全に対する、両心室ペーシング治療を行っています。

冠動脈CT

64列マルチスライスCTが導入されました。冠動脈疾患のスクリーニングがより低侵襲に行うことができ、カテーテル治療前に施行することにより有用な情報を得ることができます。

心血管危険因子予防部門

高血圧症、高脂血症、メタボリック症候群などの心血管危険因子に対し、適切な治療を行います。

睡眠時無呼吸症候群

不整脈、心不全、高血圧などとの関連が示唆されている睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行います。終夜ポリグラフを用います。

バスキュラーラボ

院内にバスキュラーラボが設置され、頚動脈、腎動脈、下肢動脈の動脈硬化性病変の早期発見に努めています。

左から「臨床検査技師スタッフ」「浅大腿動脈狭窄の超音波画像」

[このページの先頭へ]

主な医療機器
主な医療機器
機器
  1. 心血管造影シネアンギオ装置
  2. 冠動脈CT(64列マルチスライスCT装置)
  3. 心臓超音波装置
  4. 末梢血管エコー装置
  5. 経食道エコー装置
  6. ロータブレーター
  7. 圧ワイヤーによる冠動脈血流予備量比(FFR)と微小血管抵抗指数(IMR)測定
  8. 血管内超音波装置(IVUS)
  9. 光干渉断層装置(OCT)
  10. 血管内視鏡
  11. 大動脈バルーンパンピング(IABP)
  12. 経皮的心肺装置(PCPS)
  13. 不整脈3次元マッピング装置(CARTOシステム)
  14. ホルター心電図
  15. RI負荷心筋シンチグラフィー
  16. 血圧脈波装置(動脈硬化度)
  17. トレッドミル
  18. 携帯型24時間血圧連続測定装置
  19. 睡眠時無呼吸テスト

臨床工学技士、看護師、放射線科技師との連携もよく、患者さん本位の、安全性も重視した適切な医療を提供いたします。よろしくお願いいたします。

[このページの先頭へ]

脳血管センターに脳卒中ケアユニットが開設されました
東部医療センター 脳血管センターの現状

平成18年4月からの医療改正に伴い脳卒中ケアユニットが評価されるようになりました。当該治療室に専門の神経内科医や脳神経外科医が常時いること、入室する患者さんの8割が脳卒中対象疾患であること、CT、MRI、脳血管撮影などの必要な脳画像診断が常時可能であることなどが施設基準となっております。

当院も平成18年8月から脳卒中ケアユニット3床を開設致しました。脳卒中の治療の革命といえるべく、ブレイン・アタックに対する脳梗塞超急性期の血栓溶解療法(静注法)や血管内局所血栓溶解療法(動脈内)が標準治療として推奨されるようになった昨今、当院もこれらの症例が増えています。

脳卒中ケアユニットの画像

[このページの先頭へ]

子供たちが訪れたくなるような小児科診察室の空間

平成18年4月に名古屋市立大学芸術工学研究科助教授、鈴木賢一先生と研究科の学生さん十数人で小児科の待合室、処置室や診察室の壁に自然をモチーフとした動物や植物の絵を描いていただきました。

9月には床に水面に浮かぶ葉や魚たちの絵を加えて装飾していただき、ますます楽しい空間となりました。街に自然が少なくなった今、病気になった子供たちが喜んで病院を訪れ、また元気になって帰っていくという願いがこめられています。一度見学に来てみてください。

絵で装飾された小児科の様子 絵で装飾された小児科の受付や待合室の様子

[このページの先頭へ]

アクロバットリーダーダウンロードサイトへ
PDFをご覧になるには、ADOBE READERが必要になります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。(外部リンク)