沿革と現状

病院概要 ・沿革と現状 ・組織 ・特徴 ・施設案内図

沿革
年月 出来事
明治23年03月 伝染病隔離病舎を愛知県から引き継ぎ
明治34年07月 避病院として開設(伝染病床100床)
明治38年04月 名古屋市伝染病院と改称
大正07年02月 名古屋市立城東病院と改称
昭和03年03月 単独伝染病院として病床数208床となる
昭和32年06月 近代的総合病院をめざし、現在地に移転改築(伝染病床250床)
名古屋市立東市民病院と改称
昭和37年10月 外来診療棟の一部と一般病床100床を増床
内科、外科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚泌尿器科及び放射線科を開設
昭和38年05月 産婦人科、整形外科、眼科及び歯科を増設
診療科10科、伝染病床数250床、一般病床数250床、合計500床の総合病院となる
昭和39年08月 救急告示病院となる
昭和42年03月 中央手術棟の西3階病棟を増築し、一般病床数277床となる
昭和43年10月 放射線治療棟竣工
昭和46年11月 脳神経外科を増設
昭和47年03月 医師臨床研修病院の指定を受ける
昭和53年03月 院内保育所竣工
伝染病棟の一部を感染症病棟に改修
昭和55年03月 救急診療棟を増築し、ICU(2床)・CCU(2床)を整備
06月 救急診療棟(19床)開棟 理学診療科を増設
12月 麻酔科を増設
昭和58年03月 南1階病棟拡張のため一部増築、288床となる
昭和60年05月 精神科を増設
平成03年06月 東病棟増築工事が完成し、538床となる
脳血管センター開設
平成04年03月 MRI棟・手術棟増築
平成08年08月 愛知県からHIV拠点病院の指定を受ける
05月 診療予約システムの開始
09月 中央カルテ管理システムの導入
平成09年01月 歯科口腔外科を増設
平成09年04月 歯科臨床研修病院の指定を受ける
平成11年04月 第二種感染症指定医療機関の指定を受ける
平成12年04月 一般病床数488床、感染症病床数10床となる
06月 内科の全日二次救急医療を開始
平成15年10月 管理型臨床研修病院の指定を受ける
12月 名古屋市が「市立病院整備基本計画」を策定
平成16年09月 耐震改修工事完了
病院機能評価の認定を受ける
平成18年03月 名古屋市が「名古屋市立病院中期経営プラン」を策定
平成18年08月 脳卒中ケアユニット(SCU)を新設
平成19年03月 病院情報システム(電子カルテ)稼動
愛知県から災害拠点病院の指定を受ける
平成20年04月 名古屋市立5病院が地方公営企業法の一部適用から全部適用へ移行
名古屋市病院局設置
名古屋市立東部医療センター東市民病院に改称
臨床研修センター設置
心臓疾患センター設置
平成21年03月 名古屋市病院局が「名古屋市立病院改革プラン」
04月 DPC対象病院となる
心臓血管外科を増設 心臓疾患センターを心臓血管センターに改称
診療科24科、許可病床数一般488床、感染症10床、合計498床
07月 心臓血管外科による手術開始
11月 病院機能評価(Ver.5)の認定を受ける
平成22年04月 毎週土曜日の外科系二次救急開始
12月 CPA(心肺停止)患者の受け入れ開始
平成23年05月 名古屋市立東部医療センターに改称
名古屋市病院局が「新名古屋市立病院改革プラン」を策定
平成24年04月 腎臓内科を開設
平成25年01月 救急・外来棟建設工事着工
03月 地域医療支援病院の承認を受ける
04月 臨床研修評価認定取得
平成26年03月 名古屋市病院局が「名古屋市立病院改革推進プラン(H26-28)」を策定
07月 救急科を開設
11月 病院機能評価(3rd G:Ver.1.0)の認定を受ける
平成27年03月 救急・外来棟開棟
平成29年01月 新病棟建設工事着工
03月 名古屋市病院局が「名古屋市立病院改革推進プラン(H29-32)」を策定
平成30年02月 救命救急センターの指定を受ける

[このページの先頭へ]

現状

改革プランの図 心筋梗塞や脳卒中等の疾患に対して、それぞれ心臓血管センター、脳血管センターを設置し高度専門医療を実施しています。

 二類感染症、新型インフルエンザ等感染症の入院を担当する指定医療機関となっています。

 内科、外科系とも救急患者の受入体制を整えるとともに、救急・外来棟に続き新病棟の整備を進めるなど「断らない救急」の実現を目指し、救急医療の充実に努めています。

[このページの先頭へ]