第2回 市民フォーラム

市民フォーラム開催報告

こちら(pdf 512kb)からご覧ください。

市民フォーラム開催のお知らせ

第2回 市民フォーラム 「からだに優しい手術 ~手術治療の最前線」 を開催いたします。A4チラシはこちら(pdf 1,587kb)

はじめに

当院の特色である「腹腔鏡」を用いた手術について、市民の皆様に広く知っていただくため「市民フォーラム」を開催いたします。当院医師により腹腔鏡手術のご紹介をさせていただく他、藤田保健衛生大学医学部主任教授 宇山一郎先生とタレントの清水国明さんにも、ご講演をお願いいたしました。

腹腔鏡手術について

腹腔鏡手術が開腹手術より優れている点

腹腔鏡手術 器具腹腔鏡をはじめ内視鏡手術は、術後の痛みが少ない、体へのダメージが少ない(翌日から歩行可能となることが多い。)、社会復帰が早いなどの特長があり、開腹手術に比べ「からだに優しい手術」と言えます。

入院期間と費用について

腹腔鏡手術は、開腹手術に比べ、入院期間が1/3~1/2程度に短縮できます。なお、患者さんの金銭的な負担は、腹腔鏡手術と開腹手術では、ほぼ同額となります。

東部医療センターの特色

腹腔鏡手術 産婦人科当院は、腹腔鏡手術を積極的に行っています。(腹腔鏡手術件数は、3年前と比べ80%以上増えています。)
現在、外科(大腸がん、胆石症など)、泌尿器科(前立腺がん、腎臓がんなど)、産婦人科(子宮筋腫、卵巣腫瘍など)にて、腹腔鏡手術を行っており、泌尿器科・産婦人科に限定すると、対象疾患に対する手術の85%以上を腹腔鏡にて実施しています。


腹腔鏡手術 泌尿器科また、産婦人科 村上勇医師は、日本産科婦人科内視鏡学会より技術認定(資格保持者は全国で192名、名古屋市内で4名。)を、泌尿器科 永田大介医師は、日本泌尿器科学会/日本Endourology・ESWL学会より、技術認定(全国で393名、名古屋市内で9名。)を受けています。

[このページの先頭へ]

開催概要
  • テ ー マ:からだに優しい手術 ~手術治療の最前線
  • 日 時:平成22年10月9日(土) 13:00~16:00
  • 場 所:中区役所ホール ※地図等はこちら(外部リンク)をご覧下さい
講演1.当院医師による「腹腔鏡手術」のご紹介
  • 谷脇 聡(第一外科部長)
  • 永田 大介(泌尿器科副部長)
  • 村上 勇(第一産婦人科部長)
講演2.「ロボット手術について」
  • 藤田保健衛生大学医学部外科学講座(消化器外科・上部消化管担当)
主任教授 宇山 一郎 先生
宇山 一郎先生 プロフィール

宇山 一郎先生昭和35年生まれ。岐阜大学卒業後、慶應義塾大学などを経て、平成18年より現職。胃・食道などの腹腔鏡手術における日本のオピニオンリーダーであり、王貞治氏の手術を担当したことでも知られる。今回は、腹腔鏡手術をより安全に正確に実施することが可能となる「ロボット手術」についてご紹介いただく。




講演3.「我が後半人生、最高の生き方」
  • タレント 清水 国明さん
清水 国明さん プロフィール

清水 国明さん1950年10月15日福井県生まれ(59才)。1973年フォークソングデュオ「あのねのね」で芸能界デビュー。テレビ、ラジオの司会やコメンテータ、新聞雑誌への執筆など、幅広く活躍中。また、芸能界きってのアウトドア派、スローライフ実践者としても知られており、自然暮らしや環境をテーマの講演なども多い。2008年末、人間ドックで十二指腸に腫瘍(ポリープ)を発見。良性との判断で翌2009年2月、内視鏡で摘出したが、念のため細胞を調べたところ、悪性のもの(がん)が見つかったため、十二指腸の全摘出となった。4月に都内の大学病院に入院し手術。5月の連休明けには復帰。

[このページの先頭へ]

お申込方法

はがき、FAXまたはE-mailで当院市民フォーラム担当宛までお申し込みください。

はがき

お名前、ふりがな、住所、電話番号、FAX番号、参加人数をご記入のうえ、
〒464-8547
愛知県名古屋市千種区若水一丁目2番23号
名古屋市立東部医療センター東市民病院 市民フォーラム担当
まで、お送りください。

FAX

講演会申込用紙(pdf 225kb)を印刷し、所定の事項をご記入のうえ、052-721-1308へお送りください。

E-mail

お名前、ふりがな、住所、電話番号、FAX番号、参加人数をご記入のうえ、forum@higashi-hosp.jpまでお送りください。

    [このページの先頭へ]

    アクロバットリーダーダウンロードサイトへ
    PDFをご覧になるには、ADOBE READERが必要になります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。(外部リンク)