薬剤科

薬剤科紹介

薬剤科の業務について簡単に説明します。 薬剤科では、有効で安全なお薬と、お薬の情報を、院内各部門に提供しています。 又当院にかかられました患者さんには、安心・安全にお薬を服用・使用していただける様心がけて調剤を行っています。このページでは、薬剤科の主な業務内容のご紹介と、お薬に関してよくある質問について掲載しています。

[このページの先頭へ]

薬剤業務について

調剤

薬剤師は、医師が提出した処方せんに基づいて患者さんのお薬を作ります。これを調剤といいます。 調剤には、外来調剤、入院調剤、注射調剤があります。これから皆さんが飲んだり使ったりするお薬がどのように作られ、皆さんの手元に届くのか、その流れを説明します。

調剤の様子 調剤の様子 調剤の様子
医師から提出された処方箋は、薬剤科で薬袋を作り、それからその内容に基づき調剤します。写真は、処方箋と入力内容のチェックを行っているところです。 写真は錠剤や外用剤(湿布や軟膏など)の調剤を行っています。 写真は、散薬(粉薬)の調剤を行っています。処方内容が画面上に表示されます。表示の内容と、処方箋の内容を確認して調剤を行っています。
     

調剤の様子入院患者さんにお渡しするお薬のなかで、錠剤やカプセルに関しては、朝の分とか、夜の分とかのように、服用する時間ごとに一包にまとめて分包します。
写真は、そのように分包するための機械を操作しているところです。




調剤の様子できあがったお薬は、調剤した薬剤師と別の薬剤師が監査します。皆さんの大切なお薬に、間違いがあってはならないからです。
写真は、調剤されたお薬の最終監査をしているところです。処方箋の内容や調剤されたお薬に問題はないかをチェックしています。



薬品管理業務

薬品管理業務病院内で使用する薬品の採用・使用・発注・在庫管理を行います。 写真は、パソコンで在庫管理をしているところです。




薬品管理業務写真は、注射薬の保管庫です。ここから各病棟などへ薬品が払いだされます。




注射薬セット

入院患者さんの注射薬は、個人別にセットして病棟へ運びます。

注射薬セット写真は、注射処方箋に基づいて、注射薬のセット調剤を行っているところです。 入院患者さん一人一人につき、一日分の注射薬をワゴンにセットしていきます。 同時に、混ぜると濁ったり、お薬のききめが落ちたりする組み合わせがないかも監査します。




注射薬セット写真は、セットした注射薬の最終の確認作業を行っているところです。この確認作業をすることにより安心・安全なお薬を供給できます。




製剤

製剤の様子製剤では、治療上必要が生じたとき市販されていない特殊な薬品軟膏や注射を調製します。又無菌的に調製することが必要な点眼薬や注射薬の混合を行っています。写真は、クリーンベンチ内で無菌操作により中心静脈栄養(IVH)の調製を行っているところです。




製剤の様子写真は、外来での化学療法のための注射薬を、投与量をチェックした後、安全キャビネット内で無菌的に調製しているところです。





病棟での仕事

お薬についての説明入院中の患者さんのベッドサイドまで出かけて行って、お薬について説明を行う事で、患者さんが十分に理解した上で、安心してお薬を服用できるよう努めています。また、より良い薬物治療に向けて、医師や看護師と適宜協議をしています。

写真は、患者さんに服薬指導をしているところです。お薬の飲み方、効き目、副作用などについて説明します。また以前に飲んでいたお薬でアレルギーや副作用が出たことがないか、飲み合わせは大丈夫か、入院前はお薬を正確に飲めていたか、などの確認をします。


薬物血中濃度の測定(TDM)

薬物血中濃度の測定写真は、薬物血中濃度の測定を行っているところです。てんかん・喘息・心臓のお薬を飲んでいる患者さんの血液中にお薬がどの程度あるかを測定し、適切でない場合は、医師に連絡しお薬の量を適切な量に調整してもらいます。




医薬品情報(DI:Drug Information)

医薬品情報医療を受ける患者さんのためにお薬に関する様々な情報(副作用、お薬の選択、飲み合わせ等)を、医師、看護師等病院職員に提供してよりよい治療に役立ててもらう仕事です。月1回発行する医薬品情報誌等を通じて常にホットな情報を病院内にお知らせするよう努めています。病院内で新たにお薬を採用する場合は、従来のお薬との有効性・安全性を比較検討しますが、その際の資料づくりを行っています。




糖尿病教室

糖尿病教室の様子糖尿病の治療をはじめられる患者さんに、医師・看護師・栄養士とチームを組んで糖尿病治療に関する勉強会を開いています。写真は、糖尿病に関するお薬についてお話をしているところです。




[このページの先頭へ]

お薬の服用方法

お薬の用法は治療上大切なことなので、必ず守ってください。当院のお薬以外の薬(他医院、薬店で買ったもの等)をお持ちのかたは、あらかじめ主治医に相談してください。

お薬を服用する時間は、次のように指示されます。

  • 「食後」とは、食事をしてから30分以内。
  • 「食前」とは、食事をする約30分前。
  • 「食間」とは、食事をしてから約2時間後。空腹時のことで、食事中ではありません。    
  • 「食直後」とは、食事をしたすぐ後。
  • 「食直前」とは、食事をするすぐ直前。いただきますを言ったと同時です。

[このページの先頭へ]

よくある質問

このコーナーでは、薬局の窓口や、電話などでよくあるご質問について、まとめてみました。

  • Q:薬を飲み忘れたり、飲まなかったりした場合、どんなことが起こるでしょうか。
  • A:医師は、患者さんが処方した薬を指示どおりに服用することとして病気の治療を行います。しかし実際は、飲み忘れたり、副作用を心配したり、あるいは病状などを自己判断することにより、服用しない場合があるようです。

    ここで注意していただきたいのは、患者さんが勝手に服薬を中止することによって、医師がお薬の効果が十分でないと判断して不必要にお薬の量を増量したり、お薬の種類によっては、重大な副作用や病状の悪化を生じてしまう場合があることです。

    たとえば、狭心症で飲んでいる薬を、症状が無いからといって中止すると、発作を誘発したりその症状が悪化することがあります。また、降圧剤(高血圧の薬)の急な中止で、かえって血圧が高くなってしまうこともあります。

    その他、ステロイド剤やホルモン剤、抗精神病薬、抗生物質、抗潰瘍剤などは飲まないことにより病状が悪化したり、思わぬ障害を起こしたりすることがあります。ですから、特に慢性の疾患でお薬を服用している患者さんは「症状が無いから薬はもういらないんじゃないか」との自己判断でお薬の服用を止めない様にしていただきたいと思います。

    気がついた時点ですぐ飲むのがいいでしょう。ただし次に飲む時間が近いときは、忘れた分は服用しないでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。飲み忘れてしまったときや飲まなかった場合には、次回診察時に医師に話すようにしてください。

[このページの先頭へ]

お薬を飲み忘れた場合(一般的なお薬の場合)

  • 1日1回のお薬は思い出した時すぐに服用してください。
  • 朝夕2回のお薬は8時間以上間隔をあけるようにして、思い出したときすぐに服用してください。
  • 1日3回のお薬は4時間以上間隔をあけるようにして、思い出したときすぐに服用してください。時間がなければ1回抜いてください。

お薬を飲み忘れた場合(上記にあてはまらない特別なお薬の場合)

  • ワーフアリン、糖尿病薬、骨粗髭症の薬、抗腫瘍薬等は、飲み忘れたときの対応が個々で違いますので、お薬の名前・何のお薬かを確認しておいてください。医師・薬剤師の指示に従って下さい。
  • Q:お薬を噛んだり砕いたり、漬したりして飲んでもいいのでしょうか。
  • A:錠剤やカプセル剤、顆粒剤は、まわりにコーティングを施したりカプセルに充填することにより、味や匂いの悪さを調節しています。それだけでなく、からだの中でゆっくりと溶けるような特殊な加工をすることで、効果が長時間持続するようにしているものもあります。
    カプセルをはずしたり、錠剤を噛み砕いたり潰したりすると次のようなことが起こる可能性があります。

    • 速く溶け過ぎてしまって効果がすぐに失われてしまう。
    • 速くとけることで急激にからだの中の薬の濃度が高くなり、副作用が発現する。
    • 腸で溶かしたい薬が胃で溶けてしまい、効果が現れなくなる。
    • 胃や腸を刺激して副作用の原因になることもある。

ですから、薬が飲みにくいなどという場合は、自分で薬を砕いたりカプセルを割ったりせずに、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

[このページの先頭へ]