医療安全管理室

医療安全に関する基本的な考え方
  • 東部医療センターは、患者さんの貴重な生命を預かる病院として、安全で安心できる質の高い医療を提供します。
  • 地域の中核病院として、質の高い医療を実施する中で、その責任体制や役割分担を明確にし、病院全体で安全管理の徹底を図ります。
  • 「人間はエラーを犯すものである」という事を前提に、個人とチーム全体でチェック機能を強化して安全性の向上に組織として取り組みます。

[このページの先頭へ]

安全管理の体制

病院長を最高責任者として、安全管理者(院長代行)と医療安全管理室を設置しています。医療安全管理室には、安全管理者(院長代行)のもと、専従常勤看護師2名と、嘱託看護師を配置しています。

各部署には職場医療安全委員(職場リスクマネージャー)を選出して、報告や相談などに積極的に関わっています。

各部署からの報告や安全管理情報などをもとに、組織横断的な委員会である医療安全委員会と医療事故予防対策委員会を定期的に開催しています。緊急事態には昼夜を問わず対応をしています。

病院組織全体でセーフティマネージメントに取り組むと共に、職員一人一人が患者さんを中心とした安全管理を意識し医療事故等の防止に努めています。

[このページの先頭へ]

安全管理のための具体的な取り組み
  1. マニュアル等の作成および見直し
  2. インシデント・アクシデントレポートへの対応
  3. 安全管理にかかわるポスター・ニュースの作成と掲示
  4. 院内ラウンドの実施
  5. 日本医療評価機構等からの安全情報の提供
  6. 全国医療安全共同行動への参加
  7. 職員研修の開催
  8. その他

[このページの先頭へ]