病院長挨拶

病院長からのご挨拶

 本年4月に西部病院長 田中宏紀医療センターから異動し、東部医療センターの病院長を拝命いたしました田中宏紀と申します。私は2年間西部医療センターで勤務いたしましたが、それまでの約25年間は、この東部医療センター(東市民病院)で外科医として勤務しておりました。
 東部医療センターは明治23年に始まりがある100年以上の歴史のある病院で、東市民病院と改称してからでも50年以上が経過しております。24年前に東病棟ができて以降、久々の大規模改築となります救急・外来棟が、ようやくこの3月30日に開棟いたしました。
 救急・外来棟の1階には、救急患者に対応する処置室が6室、また、診察室が7室あり、CTや血管造影などもすぐに対応できます。また、16床の入院病床もあり、一度に4台の救急車の受け入れもできるようになっております。
 2階には一般外来が配置され、3階にはICU、CCU、HCU等重症患者対応の病床が16床あり、また、ハイブリッド手術室を含む10室の手術室も整備されております。
今まで古くて狭い救急外来において、年間6,000件以上の救急搬送を受け入れてまいりましたが、今後は充実した救急医療体制のもと、さらに多くの救急患者さんの受け入れを通じて市民の皆さんに貢献できるものと考えております。
 東部医療センターの理念は3Sです。つまりService(奉仕)、Smile(笑顔)、Satisfaction(満足)であります。今後も我々の医療で皆さんが笑顔になり、満足していただけるように、職員全員が力を合わせて頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

名古屋市立東部医療センター
 病院長 田中 宏紀